養生法とは

日々の生活習慣や心のありようをみつめ直し、私たちが本来あるべき健康な状態を維持していくという考え方です。

TOP養生法とは > 食養生法
  • 養生法とは
  • 心養生法
  • 食養生法
  • 動養生法
  • 休養生法

食養生法

実践編

食事は私たちの生命維持にとって欠かすことのできない最も基本的な営みです。私たちの身体は毎日の食生活の結果ですから「毎日の食生活=今の身体の状態」ということができます。まさに健康にとって望ましい食生活が健康な身体をつくるのです。そのための方法が食養生法です。

食養生法では次の十項目を意識します。

食養生法十項目

  • 気候風土に合ったその土地でとれる食材を食べる
  • 季節に合った「旬」のものを食べる
  • 食材をまるごと食べる
  • 玄米などの穀物、自然発酵食、豆類、野菜等を多く摂る
  • 加工食品や食品添加物をできるだけ避ける
  • 食事の量は腹七分目
  • 一口ごとに十分に噛む
  • 水分を摂り過ぎない
  • 楽しい雰囲気で食卓を囲む
  • 食べ物に対して、感謝の気持ちを大切にする

これらの基本項目を見ると、玄米を基本とした日本古来の典型的な食事スタイルを思い浮かべることができます。重ねて言えば、他の季節に比べて栄養価が高い「旬」の食材を、なるべく皮や根も上手に調理してまるごと食べることを基本としています。つまり「穀菜食」の食生活を習慣づけることなのです。

現代の食生活は、以前と比べて肉類や菓子類を多く摂りすぎる傾向にあるため、脂肪分や糖類は過剰に摂っている反面、ビタミン類やミネラルなどの栄養素が不足しがちです。この栄養アンバランスを、毎日の食事の中で意識的に解消していくことが大切なのです。

ページトップへ