漢方ライフ読む(コラム一覧) > 今年の疲れは今年のうちに解消しよう!
公開日:2021.12.10 更新日:2021.12.10865view

今年の疲れは今年のうちに解消しよう!

季節の不調と漢方相談Vol.7

「身体の疲れ」と「心の疲れ」

薬日本堂旭川店の相談員、山本です。
年末は何かと慌ただしく、疲れたなんて言ってられない時期ですね。

「疲れ」には、「身体の疲れ」と「心の疲れ」があります。
中でも現代人は心の疲れ(精神的な疲労)が大きいのではないでしょうか。

大掃除、年末調整の書類、年賀状、お歳暮、正月の準備など仕事でも家庭でも1年に1度しかやらない事ばかりです。
普段と違うことをすればエネルギーを使います。

同じことでも、嫌だ嫌だと思っていたら疲れるだけですが、楽しければ元気が湧いてきますよね。
大切な人への年賀状やお歳暮選びならワクワクするでしょう。
やっつけ仕事にしたらもったいない!

師走のこの時期にあらためて見直してほしいことがあります。
日々の生活の中から感謝できることを探してみませんか。
忙しい時こそ感謝出来ることは豊富です。
立ち止まって振り返ってみましょう。

疲れと感じるのは心の持ち方次第
ぜひ下の項目をチェックしてみてください。

□朝、目が覚めた、綺麗な景色が見えた。
□大切な人の声が聴こえる
□身体が動く、排泄ができる
□家族がいる、大切な親がいる、子供がかわいい
□仕事がある、頼りにされている
□仲間がいる、頼れる相手がいる
□食欲がある、食べ物を美味しいと思える
□寝る場所がある

いくつも当てはまることはありますよね。
コロナ禍で先が見えない時ですから、今年はいつもより嬉しかったことを探してみませんか?

心のエネルギーは物質ではありませんので、使ったら減る物とは違います。
嬉しい事、楽しい事が多ければ、元気はどんどん湧いてきます。
喜び、感動、感謝は元気の源です。
来年も全開で活躍しましょう!

疲れを残さない3つのポイント
それでも疲れた時の生活養生が次の3つです。
日頃から意識すれば、心身ともに元気にすごせるでしょう。

①寝る
疲れたらとにかく寝るのが大事です。
優れた漢方薬や腕の良いマッサージよりも、寝ることが一番大切です。

疲れている時は7〜8時間は寝たいところです。
寝るのですから布団に入ってもスマホを見ていては睡眠の効果半減です。
連続8時間くらいはスマホを見ないで目や脳を休ませましょう。

②深呼吸
仕事の手を止めて、1分で良いですから目を閉じて深呼吸をしましょう。
ボーッとする時間も必要ですし、軽くストレッチをしても良いです。
朝日を浴びて大きく深呼吸したら朝のエネルギーをたっぷり吸い込めますよ。

③耳を休める
目と同様に耳を休めるのも効果的です。
無音が慣れない時は雨音や波の音など自然の音がオススメです。
また、耳たぶは全身のツボが集中しています。
首、手首、足首と共に耳たぶを冷やさないように注意しましょう。

山本 育彦 - Yasuhiko Yamamoto
[薬日本堂旭川豊岡店上級相談員・薬剤師]
1993年薬日本堂入社。全国の薬日本堂店舗にて相談員・店長を務め、現在は旭川豊岡店上級相談員としてカウンセリングや店舗管理に携わる。身体の不調はもちろん、メンタル面の相談も得意としており、お客様の気持ちに寄り添い分かち合いながら、ともに健康を目指していくカウンセリングに定評がある。
薬日本堂 旭川豊岡店

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ページトップへ