漢方ライフ読む(コラム一覧) > 美肌とかぜ予防に「朝の甘酒」「夜の甘酒」
2020.01.102167view

美肌とかぜ予防に「朝の甘酒」「夜の甘酒」

未病を癒す美養生 Vol.5

秋冬の美養生は乾燥対策から

令和最初のお正月を迎え、いつもの日常がスタートしました。年末年始は、大掃除、新年の準備、お祝いの席など何かと忙しいもの。1月、2月は一年の中で最も寒さが厳しい季節ですから、しっかり養生して健康を保ちたいものです。

冬の「美養生」で、ぜひ意識していただきたいのが手肌、かかと、唇の乾燥。特にこの時季は、冷たく乾いた北風や、エアコン、床暖房などによる室内の乾燥も加わりますから、肌の乾燥はより一層進みします。

漢方では、激しい乾燥は五臓の「肺」そして「大腸」にダメージを与えると考えます。肺や呼吸器の粘膜、そして肌は外側で体を守る働きがあり、乾燥すると防衛機能も十分に果たせなくなります。
実は「大腸」も、腸内細菌の働きで体の免疫系を担う重要な臓器。腸内環境を整えることも、美容と健康に欠かせない要素です。美容のためにも健康のためにも、潤いを与え、腸内を健やかに保つ必要があります。

消化を助ける甘酒は、美肌もサポート

そんな今の季節におすすめの薬膳が、今、女性の間で人気の「甘酒」。甘酒の材料である「麹」は、古くから伝わる発酵食品のもとで、漢方・薬膳の世界では消化を助ける働きがあるとされています。

甘酒の最大の魅力は、高い栄養価にあります。美肌に欠かせないアミノ酸やミネラルが非常に豊富。さらに、体の代謝に欠かせないビタミンB群、なかでも皮膚の健康を保つのに必要なビタミンB2、ビタミンB6や、造血作用をもつ葉酸などを豊富に含んでいます。「肌の乾燥がひどくて…」とお悩みの方は、毎日の甘酒習慣を始めてみてはいかがでしょう。

甘酒の作り方はとても簡単。お粥を使う方法もありますが、私は米麹だけを発酵させてつくる麹甘酒を勧めています。

材料(作りやすい分量)
米麹…200g
湯(60℃)…150㏄

作り方
①米麹をパラパラにほぐし、沸かして60℃に冷ましたお湯をかけてなじませる
②炊飯器を55~60℃に設定し、8~10時間保温。ときどきかき混ぜながら発酵させる。(温度調節機能がない場合は、保温できるジャーなどで代用。お湯の温度を65℃くらいにする)
③出来上がった粒々の甘酒は、軽くミキサーにかけ、なめらかにすると使いやすい

朝はフルーツを添え、夜は「葛根湯風甘酒」に

手作りの甘酒は、トロトロで自然な甘味がたっぷり。お湯で好みの濃さに割って飲むのが基本です。さらに、おいしくて薬膳効果も期待できるこんな食べ方もあるんですよ!

お腹にやさしい「甘酒」は、ヨーグルトと同じ発酵食品。そこで、朝食の際、ヨーグルトのようにフルーツと一緒にいただきます。いちごやりんごを漬け込んでも、フルーツポンチのように甘味が増し、甘酒の苦手な方もおいしく食べられます。ドライフルーツやナッツとの相性も抜群。フルーツの抗酸化作用、ナッツの良質な油もとれるから、美容にいい食べ合わせに!

寒い夜におすすめなのが、生姜を効かせた「葛根湯の甘酒」。かぜの初期に用いる葛根湯に入っている生姜、シナモン、葛粉を加える薬膳ホットドリンクです。甘酒に水、吉野葛、すりおろした生姜を適量加え、軽く混ぜたら電子レンジへ。シナモンパウダーをふっていただくと内側からポカポカに!葛根湯は肩こりにも効く漢方薬。そんなお薬にあやかったホットドリンクですから、パソコンやデスクワークで肩こりを抱えがちな人は、試す価値ありです。

「飲む点滴」とも割れる甘酒は、俳句の世界では夏の季語だそう。でも、中身を見れば冬の美容と健康に大いに役立つことがわかります。市販のものも手軽でよいけれど、自家製ならいっそう愛着がわきそう! 寒さのピークを迎える今の時季から、ぜひお試しください。

体質改善を行いたい方、ご不安な方、薬日本堂の漢方相談はお一人おひとりに合った養生法をお伝えいたします。
 〉漢方相談店舗
 〉オンライン漢方相談
 〉オンラインショップ

岡尾知子 - Tomoko Okao
漢方養生指導士(漢方上級スタイリスト)、国際中医師、国際薬膳師。美容・健康をテーマに美容・健康エディターとして仕事をする中で東洋医学に関心をもち、漢方、中医学、薬膳を学ぶ。雑誌やラジオ、イベントなどを通じて、美容と健康のための薬膳や養生についての啓発活動を行う。著書に『美★薬膳』(主婦と生活社)がある。
現在「食べて学べる月イチ薬膳教室@TUMUGU東京青山」開催中。詳細は「TUMUGU東京青山」で検索を!「FYTTE Web」にて「不調知らずの体になる! 季節の薬膳レシピ」連載中。
◎薬膳教室:「TUMUGU東京青山」http://www.tumugu-aoyama.jp/
◎HP:「薬膳ノート」http://www.yakuzennote.com
◎ブログ「Eat & Run! 岡尾 知子の美・薬膳な日々」http://ameblo.jp/yakuzen-navi/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ページトップへ