TOP読む(コラム一覧) > 脾胃を補って夏バテ予防「生姜風味のサラダチキン」
2018.07.104577view
脾胃を補って夏バテ予防「生姜風味のサラダチキン」

薬膳常備菜Vol.26

夏こそ、動物の強い活動力を摂ろう

今年は例年に増して夏が早く訪れました。関東甲信は、
6月末にいち早く梅雨明け。全国的に暑さの季節が長くなりそうです。

ちょっと体調を崩したとき、漢方薬や鍼灸の助けを借りることがあります。
辛いときには頼りになる存在ですが、私たちが最も大事にしたいのは養生。特にこれからの時季は、日々の生活の中で健康を維持することが大事です。

夏バテの原因は、暑さ、大量な発汗などで起こる気と血の不足。
いわゆる「気血両虚(きけつりょうきょ)」です。
体の物質である「気」と「血」は、毎日食べる食べ物から作られますから、この時季は消化・吸収・代謝を担う脾胃(ひい)を健やかに保つことが何より大切です。

気を補う食材には、米、イモ類、キャベツ、鶏肉など、さまざまな種類がありますが、なかでも今の時季に勧めたいのは肉類。肉類のパワーは、古く江戸時代にも注目されていました。

江戸・元禄の名医に後藤艮山(ごんざん)という人がいます。
日本漢方の一流派、古法派の先駆者である彼は、難しい理論を否定し、養生や民間療法の力を主張。「未病養生」を最高の医療手段であると認め、飲食、特に肉食による食事療法を勧めたのです。この考え方は、殺生を嫌う僧医(お坊さんの医者)が多かった当時において、実に画期的なものでした。

薬膳では、肉は動物の強い活動力が宿っていると考えられています。
病気の後や食が細くなったお年寄りには、お肉はやや負担になりますが、日々の食事で丈夫な体を作りたいなら肉は頼もしい存在。特に、暑さで食欲が低下しがちなこれからの季節は、艮山先生の考え方に従い、お肉のパワーを取り入れるのが有効といえるでしょう。

塩麴とねぎ生姜がお腹の助けに

今月の薬膳常備菜は、低下しがちな気を鶏肉で補う「生姜風味のサラダチキン」。
コンビニで人気のサラダチキンの自家製版です。
脂肪分の少ないムネ肉を使うので、脾胃への負担がかからず、そのうえ低カロリー。ダイエット中の人も安心して食べられ、不足しがちな気血、そしてタンパク質をしっかり補えます。

味付けに使うのは、消化を促す塩麴。それに、生姜、ねぎを合わせるのがポイントです。
生姜とねぎは、かぜのときに食べる薬味食材ですが、もうひとつ、消化機能を助ける働きがあります。湿気と暑さでおなかの調子を崩しやすい夏には、たっぷり摂りたい薬味食材です。

お腹の助けになる食材を使ったサラダチキンは、自家製なので添加物はゼロ! 冷蔵保存で2~3日は持ちますので、メインディッシュにしたり、サラダやそうめんのトッピングにしたり、さまざまな使い方ができるでしょう。

鶏ムネ肉は、低温で時間をかけて調理するとパサつかずしっとり仕上がります。炊飯器があれば簡単にできるので、初めての方もぜひ、挑戦してみてください。

【材料】(作りやすい分量)
・鶏ムネ肉…1枚
・塩麹…大さじ1
・生姜…1片
・長ねぎ(青い部分)…1本

【作り方】
①生姜は皮をむいてすりおろす。鶏肉に塩麴とおろし生姜をもみ込み、ジップ付き保存袋に長ねぎとともに入れ、空気を抜いて閉じる。
②炊飯器に60℃のお湯を入れ、鶏肉を袋ごと入れて3時間保温すれば出来上がり。

【食材メモ】
鶏肉:脾胃の働きを強める。疲労検体、食欲不振、下痢などに。温性なので、お腹の冷えにもよい。
生姜:発汗を促し、かぜの初期に。胃を温める働きがあり、食欲不振や嘔吐に用いるほか、咳、魚介類の毒を消す働きもある。
長ねぎ:発汗を促し、かぜの初期に。冷えによる腹痛にもよい。

薄くカットしたサラダチキンに、梅干し味噌とみょうがをトッピング。さっぱりとした肉料理は、暑さで食欲が出ないときに最適です。

岡尾知子 - Tomoko Okao
漢方養生指導士(漢方上級スタイリスト)、国際中医師、国際薬膳師。美容・健康をテーマに美容・健康エディターとして仕事をする中で東洋医学に関心をもち、漢方、中医学、薬膳を学ぶ。雑誌やラジオ、イベントなどを通じて、美容と健康のための薬膳や養生についての啓発活動を行う。著書に『美★薬膳』(主婦と生活社)がある。
現在「食べて学べる月イチ薬膳教室@TUMUGU東京青山」開催中。詳細は「TUMUGU東京青山」で検索を!「FYTTE Web」にて「不調知らずの体になる! 季節の薬膳レシピ」連載中。
◎薬膳教室:「TUMUGU東京青山」http://www.tumugu-aoyama.jp/
◎HP:「薬膳ノート」http://www.yakuzennote.com
◎ブログ「Eat & Run! 岡尾 知子の美・薬膳な日々」http://ameblo.jp/yakuzen-navi/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ページトップへ