漢方ライフ読む(コラム一覧) > 「舌先が赤くプチプチしている」ときの体質・体調
公開日:2021.07.25 更新日:2021.07.251479view

「舌先が赤くプチプチしている」ときの体質・体調

舌は口ほどに物を言う ~舌診の話 Vol.9

ストレスも舌にあらわれる
舌は、自分では気づいていない体質や体調を教えてくれます。
先端が赤くて、よく観ると舌先に赤く小さなプチプチが多数ある、このような舌は過度なストレスが心身にかかっていることを示します。

無理していますよ!身体からのサイン
舌先が赤くプチプチしている舌は、精神的に緊張が続いている、ストレスが多い、眠れていないなどの状態があるときに見られます。
本人はストレスを自覚していなくても、心身に過度な負担がかかっていることを、舌は物語っています。

ストレスを自覚している場合であっても、自分が思う以上に「無理をしていますよ!」という身体からのサインとして捉えましょう。

舌は口ほどに物を言う。
舌先が赤くプチプチしている“アカプチ”さんの体調と生活の様子を見てみましょう。

“アカプチ”さんの体調と生活
女性、38歳、体格は大きくはないですが、筋肉がしっかりした感じでテキパキ動きます。
舌の先端が濃い赤で、よく観ると赤く小さなプチプチが多数あります。

取引先への訪問が終わり、駅のホームに急ぐ“アカプチ”さん。
もともと緊張しやすく、取引先との打ち合わせが終わってホッとしたのもつかの間、社内の打ち合わせ時刻に間に合うか気になって時計をしょっちゅう見てしまいます。
気持ちが焦っていて、混雑している駅構内は、歩いているだけなのになんだかイライラします。

数年前に仲間と始めた事業が順調に展開していて楽しく活動している一方で、思うようにならないと気分が落ち込むこともたびたびあり、仲間にはため息が多いと言われます。

生活リズムが不規則のためか、食欲にムラがあり、お通じは出たり出なかったり。
やることが多くて就寝ギリギリまで慌ただしく、目がさえて寝つきは良くないです。

最近は月経前になるとイライラ・便秘・むくみ・肌荒れがひどくなり、体調がいまひとつ。
月経痛が強くて、鎮痛剤を服用してなんとか動けています。

ココロも活動も慌ただしく、忙しい日々を送っている様子ですね。

緊張や精神的ストレス、活動過多などによって、舌先が赤くなったり、先端にプチプチした赤い膨らみがあらわれるのは、体内で起こっている「気の滞り」と「熱の発生」が関係します。

次回、これらの関係と“アカプチ”さんの養生についてお話しします。

【お知らせ】
漢方スクールのセミナーでは舌の実物写真を使ってよりわかりやすく解説いたします。
8月からボリュームアップリニューアルし、舌を診る基礎から、舌の状態別にどういった養生を行うと良いかまでお伝えいたします。
コラムで興味を持っていただいた方、ぜひご検討ください。
これでわかる!舌診 ~2つのステップで基礎から実践まで
※ZOOM受講も可能です。



飯田 勝恵 - Katsue Iida[薬剤師・薬日本堂漢方スクール講師]
静岡県立大学薬学部卒業。1998年薬日本堂入社。約10年間の臨床と店長を経験。店舗運営や相談員教育などに携わり、その後「自然・人・社会に役立つ漢方の考えをより多くの人に伝えたい」と講師として活動。薬だけではない漢方の思想や理論に惹かれ、気功や太極拳、瞑想なども生活に取り入れながら漢方・養生を実践している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ページトップへ