漢方ライフ読む(コラム一覧) > 朝起きたら身体がバキバキ!~「寝コリ」って?~
公開日:2023.06.01 更新日:2024.02.2131523view

朝起きたら身体がバキバキ!~「寝コリ」って?~

プチ不調は自分でカイゼン Vol.50

寝コリを漢方で考えると・・
寝ると疲れが取れて、朝はスッキリ目が覚める!はずなのに・・・
朝起きると身体がバキバキで、肩や背中が凝っていた経験はありませんか?
このような状態を、「寝コリ」と言います。

「寝コリ」が生じやすくなっている時の未病サインはこちら!

□ しっかり寝たのにとても眠い
□ 朝起きてしばらく、首、肩、背中に違和感や痛みがあり動いているうちに軽減する
□ 寝てはいるが夢が多く、寝た気がしない
□ 歯ぎしりや食いしばりをしている
□ 枕や布団がしっくりこない
□ 寝ている時に寒さを感じる
□ 寝る寸前までスマホを見ている
□ 寝返りが少ない

寝コリを漢方では、五臓の肝(かん)と心(しん)が興奮して神経が休まらない状態と考えます。
ストレスによるイライラや緊張状態が続くと、肝火、心火になりやすくなります。

舌を見てみましょう。
舌先から外側が赤くなっている人ほど、肝火心火の状態かもしれませんよ。

また、肝と心は、どちらも血(けつ)との関係が深い五臓です。
血の不足は、栄養が行き届かなくなると同時に、精神活動にも影響を与え、さらに血行が悪くなることで、身体がバキバキになりやすくなります。

質の良い睡眠をとるためにも、肝と心を落ち着かせ、血を整えることが大切になりますね。

寝コリ解消!睡眠の質を良くする養生法

●スワイショウ(腕ふり健康法)でリラックス
上実下虚(じょうじつげきょ)を上虚下実(じょうきょげじつ)にする方法です。
上実とは、神経が高ぶり興奮している状態。
一日の終わりに4~5分行うことで上半身の高ぶりを和らげることができますよ。
自然体で立ち、腕を前後に振るだけの簡単養生法です。
詳しいやり方は、以下の動画を参考にしてください。
スワイショウ~腕ふり健康法

●特に肩回りを中心にストレッチ
肩から肩甲骨にかけて念入りにほぐしましょう。
1,背筋を伸ばし姿勢を良くした状態で、両手のひらを肩に置きましょう。
2,その状態で両肘を肩の高さまで上げます。
3,肘で大きな円を描くようにゆっくり5回~10回、回しましょう。
4,逆回りでも同じようにゆっくり回します。

これを、朝や夜、デスクワークの合間などにすると効果的です。

●寝る前の時間が大切。1日のケアをしましょう
ゆっくりお風呂に入った後は、部屋の電気は暗めにします。
なるべくスマホやTVなど目を使うことは避けましょう。
好きな香りを嗅いだり、好きな音楽を聞いたり、リラックスを心がけます。
枕の高さをタオルで調節してベストを探すのもいいですね。

おススメの代表的な漢方薬を紹介しましょう。

【抑肝散加陳皮半夏】
体力中等度をめやすとして、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライ
ラなどがあるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症(神経過敏)、更年期障害、血の道症、歯ぎしり

【芍薬甘草湯】
体力に関わらず使用でき、筋肉の急激なけいれんを伴う痛みのあるものの次の諸症:こむらがえり、筋肉のけいれん、腹痛、腰痛
※ここで紹介した漢方薬は、あくまでも代表的なものです。実際利用する場合は、専門薬局に相談してご購入ください。

ウコンで「寝コリ」対策
ウコンと言えば、飲む前に飲む!イメージが定着していますね。
ターメリックともよばれ、成分のクルクミンには、抗酸化作用や抗炎症作用があり、
カレーやたくあんの色付けにも利用されています。

漢方では、
◎活血止痛(かっけつしつう) : 血行を良くし痛みを止める
◎行気解鬱(こうきかいうつ) : 気を巡らし鬱々とした状態をとる

多量の摂取はおススメしません。
パウダーをいろいろな料理に、ちょっと一振りを心がけるのがおススメです。

こんな活用法もあります。

ターメリックライス
米3合を通常の水加減で炊飯器にセットして、ターメリック(パウダー)小さじ1/2を加え、全体を軽くかき混ぜてから炊きます。

ターメリックミルク
あたためた牛乳1杯にターメリックを2~3振りで出来上がり。
お好みで蜂蜜を加えてみましょう。

他にも、炒め物やスープなどに活用できますね。
ぜひお試しください。

動画で!朝起きたら身体がバキバキ!~「寝コリ」って?~


鈴木 養平
鈴木 養平 - Youhei Suzuki[薬日本堂漢方スクール講師・薬剤師]

1969年宮城県生まれ。東北医科薬科大学卒業後、薬日本堂入社。臨床を経験し、店舗運営、教育、調剤、広報販促に携わる。札幌に勤務中、TVの漢方コーナーにてレギュラー出演。漢方薬による体質改善の指導・研究にあたる一方で、“漢方をより身近に”とセミナー講師・雑誌・本の監修(『おうちでできる漢方ごはん』『かんたん・おいしい薬膳レシピ』)で活躍中

漢方スクールでの担当コース・セミナーはこちら
Instagramはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ページトップへ