漢方ライフ読む(コラム一覧) > 疲れとだるさの違い!?
公開日:2022.06.01 更新日:2022.06.011602view

疲れとだるさの違い!?

プチ不調は自分でカイゼン Vol.38

日本人に多い、だる重―!
“疲れた“と“だるい“?
意識して使い分けている人は少ないと思いますが、エネルギー不足タイプの方は“疲れた”といい、消化の働きが悪いむくみタイプの方は“だるい”という傾向があります。

他にも、梅雨バテ、夏バテ、秋バテ、肉体疲労、精神疲労、眼精疲労、脳疲労、副腎疲労、・・・等々。
○○バテや○○疲労は、年中使われていますね。

日本人に多いのは、消化が悪くだるくて体が重い、「だる重タイプ」ではないでしょうか?
日本は島国で、梅雨から残暑にかけて、とても湿度が高いのも原因と考えられます。

だる重タイプの方は、湿度の影響を受けやすいので、雨の日や梅雨時期のジメジメした環境では、調子が悪くなりやすいのが特徴です。
他にもこんな症状が・・・。

チェックしてみましょう!
□ 起きた時、枕の跡がついている
□ 筋肉に締まりがない、体がブヨブヨした感じ
□ 便がべとつく
□ 食欲不振、胃が重い
□ 腸がゴロゴロする
□ 乗り物酔いしやすい
□ グルグルめまいや吐き気がある
□ 水っぽい鼻水が出やすい
□ 手足に頑固なしびれや重苦しい痛みがある
□ 舌に厚みが合って、両脇に歯の痕がついている

このような症状があるときは、だる重傾向のサインと思ってくださいね。

ジメジメだるさ対策!養生法
漢方では、五臓の脾(ひ)が湿気の影響を受けると考えます。
脾はエネルギーをつくり出す働きがあるので、脾をケアすることが、湿気に強くエネルギーを作りやすい体質づくりになると考えます。
以下のような生活を心がけてみましょう!

◎寝室の湿気対策を!
布団の湿気対策をしましょう!
こまめに布団を干します。
雨が続く日は、布団乾燥機を有効活用してください。

◎食べることより寝ることを優先!
睡眠時間を多めにとり、体のメンテナンスをしましょう。
食べ過ぎ飲み過ぎに注意し、就寝前に食べることはしないように。
空腹の状態で寝るように心がけると、脾は元気になります。

◎入浴でリフレッシュ
しっかり湯船につかりましょう。
15分~20分ゆっくり入ることで身体を温め、発汗を促します。
水分補給は忘れずに。水分代謝の入れ替えを意識しましょう。

◎除湿の食材やお茶を取り入れましょう!
小豆、枝豆、緑豆、アサリ、シジミ、わかめ、海苔、きゅうり、もやし、冬瓜、スイカ、空心菜、金針菜、ハトムギ、ハスの葉、ナンバンゲ(とうもろこしのヒゲ)、などはおススメです!
積極的に取り入れてみましょう。

黒豆で水分の入れ替えを!
黒豆は、水分代謝を高める利水(りすい)の働きがあります。
更に、血を補い、潤いをつくる、滋陰補血(じいんほけつ)、解毒などの働きがあります。

つまり、いらない水分を外に出し、必要な水分を作って、体のメンテナンスをしてくれる優れもの。

最近では、黒豆茶や炒り黒豆など簡単に手に入るようになりました。
麦茶を黒豆茶に変えてみたり、ちょっとしたおやつに煎り黒豆を食べてみたりもいいですね。

他にも、料理やお茶以外にも薬酒にしてみるのもおススメです。

【黒豆酒の作り方】
黒豆:50g
ホワイトリカー:300ml
氷砂糖:30g

① 黒豆を皮が裂けるまでしっかりと乾煎りする。
②密閉瓶に粗熱を取った黒豆と氷砂糖を入れて、ホワイトリカーを静かに注ぐ。
③1ヶ月以上冷暗所で熟成させたら出来上がり。

お湯割りがおススメですが、お好みの飲み方でお召し上がりください。
煎り黒豆を使ってもOK。
コンビニなどで売っている焼酎(アルコール25度)200mlに、黒豆(20g)を入れるだけでもOKです。

毎日の生活に気軽に取り入れてみてはいかがですか。

\お知らせ/
漢方スクールのワンデイセミナーにて詳しく「むくみの養生法」についてお話いたします。
漢方でむくみは、水の巡りが悪くなったと考えます。では、なぜ巡りが悪くなったのでしょう?
むくみが起こりやすい体質や生活習慣をタイプ別に分析し、すぐに実践できる養生法を始めてみましょう。
コラムでご興味を持たれた方、ご受講をお待ちしております。
漢方養生で出来る!むくみ養生法
※ZOOMでのオンライン受講も可能です。

鈴木 養平
鈴木 養平 - Youhei Suzuki[薬日本堂漢方スクール講師・薬剤師]

1969年宮城県生まれ。東北医科薬科大学卒業後、薬日本堂入社。臨床を経験し、店舗運営、教育、調剤、広報販促に携わる。札幌に勤務中、TVの漢方コーナーにてレギュラー出演。漢方薬による体質改善の指導・研究にあたる一方で、“漢方をより身近に”とセミナー講師・雑誌・本の監修(『おうちでできる漢方ごはん』『かんたん・おいしい薬膳レシピ』)で活躍中
鈴木養平Instagramはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ページトップへ