漢方ライフ読む(コラム一覧) > 冷えは万病のもと、冷えによるいろいろな痛み
公開日:2020.11.20 更新日:2020.11.203569view

冷えは万病のもと、冷えによるいろいろな痛み

黄帝と一緒に『素問』を学ぶvol.21

冷えで悪化する肩こり、腹痛、月経痛‥
11月に入り、朝晩冷え込むようになってきました。

「冷えは万病のもと」といいます。
寒いとまずトイレが近くなります。血行が悪くなり、肩こりや腰痛、関節痛が悪化することも。月経痛や月経不順、しもやけ、腹痛や下痢など、不調を挙げたらきりがありません。

『素問:挙痛論篇第三十九』では、黄帝が岐伯に痛みについて問いかけています。
今回は冷えと痛みについて一緒に学びましょう。

不通則痛(ふつうそくつう)、巡らないと痛い!
「急に痛むのはなぜ?」
そんな問いに、岐伯は次のように答えています。
「気血が流れる経脈(けいみゃく)は、常に流れて止まることはありません。ここに寒邪(かんじゃ)が侵入すると、脈の流れが溜まりがちで遅くなり、十分に巡らなくなります。だから急に痛むのです。」

皆さん、「寒い!ということを人にジェスチャーで伝えて」と言われたら、どのような動きをしますか?
多くの方は、背中をまるめ、肩を縮めて両手を反対の腕にまわしてさするようなポーズをとります。

そう、これこそが寒邪=病気の原因になる冷気の特徴です。
身体が縮こまり動きが鈍るので、血行が悪くなり、筋肉はひきつり痛みます。寒さで肩こりが悪化する、冷たい物を飲食した時に頭がキーンと痛くなったり、胃がキューっと痛くなるのも同じ理由。

漢方では「不通則痛」 といい、何かが詰まって通らないと痛みが生じると考えます。

押さえると痛みが増したり、軽くなったり…
痛みといっても、種類や部位、程度などはさまざまです。
寒邪によって冷えて痛む場合、温めれば経脈の流れは回復して痛みは止まります。けれど、連続して寒邪が侵入すれば、冷えと痛みは長引いて止まりません。

まず大事なのは、冷えの原因を取り除くこと。
そして身体の外と内、両方から温めること。温かい場所に移動する、温かい服を着る、ゆっくりお風呂に入る、足湯に浸かる、温かい飲み物を飲む、温める食材を食べる、当たり前の対策が必要です。

強い寒邪が経脈に侵入すると、それを解消するために集まった、陽気と激しくぶつかるため、気血がたまってしまい、痛みが激しくて手も当てられません。
逆に寒邪がお腹の辺りに宿ると、周辺の血行が悪くなり痛みます。ここは手を当てて流してあげると痛みが治まります。

冷たい物を飲食すると胃腸が冷えます。
胃に寒邪がある時は、冷気が逆上して吐き気やしゃっくりを伴う痛みがあらわれます。腸に寒邪がある時は、冷気を早く追い出すために下痢を伴う腹痛が起こります。月経の時にお腹を冷やしてしまうと、生殖器とつながる経脈に流れが悪くなるため、つながっている脇腹や下腹部がひきつれて痛みます。

このように冷えは多くの痛みに直結します。
そして痛いところは気血の巡りが悪くなっているので、他の病気につながっていきます。

これからの寒い季節、防寒と温めが大切。
まずは紅茶に生姜、ほうじ茶にシソの葉、コーヒーにシナモンなど、相性のよい温め素材をプラスしてみませんか?気分もほっこり温まりますよ。



はじめての方にもわかる「漢方・薬膳」セミナー

漢方ライフを運営する薬日本堂では、みなさまに健康的な生活を送っていただけるよう、はじめての方にもわかる
「漢方・薬膳」セミナーを開催しております。
1回完結型のワンデイセミナーですので、はじめて漢方を学ぶ方にもオススメです。

薬膳・養生茶・ツボ・経絡・アロマ・気功・占い・風水など8ジャンルから気になるものを選んで、
1回3,200円(税込)で学んでいただけます。
平日・休日かかわらず様々なセミナーが開催されていますので、ぜひお気軽にご参加ください。

ワンデイセミナーの一覧ページはこちらをクリック

遠方の方でもお気軽に漢方の講座が受けられる「Zoomオンラインセミナー」

品川校で開催の人気セミナーがZoomオンラインセミナーとしてご受講いただけます♪
薬日本堂漢方スクールがお近くにない方でも通学と同じように講義を受けられますのでご参加お待ちしています!

Zoomオンラインセミナーの日程の確認はこちらをクリック

オンライン漢方相談(無料)をご希望の方へ

漢方ライフを運営する薬日本堂では、店舗へご来店いただかなくても、スマホやPCを使用してオンライン漢方相談を受けられます。薬剤師をはじめとした漢方の専門家がお客様のお悩み(ダイエット、不妊など)や症状、体質、生活習慣等をお伺いした上で、お客様にあった漢方薬・商品をご提案し、根本改善のための生活習慣のアドバイスをいたします。

オンライン漢方相談(無料)の詳細はこちらをクリック

齋藤 友香理 - Yukari Saito
[ 薬日本堂漢方スクール講師・薬剤師]
1969年北海道生まれ。東京理科大学薬学部卒業後、薬日本堂入社。10年以上臨床を経験し、平成20年4月までニホンドウ漢方ブティック青山で店長を務めていた。多くの女性と悩みを共有した実績を持つ。講師となった現在、薬日本堂漢方スクールで教壇に立つかたわら社員教育にも携わり、「養生を指導できる人材」の育成に励んでいる。分かりやすい解説と気さくな人柄で、幅広い年齢層から支持されている。薬日本堂漢方スクール:http://www.kampo-school.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

はじめての方にもわかる「漢方・薬膳」セミナー

漢方ライフを運営する薬日本堂では、みなさまに健康的な生活を送っていただけるよう、はじめての方にもわかる
「漢方・薬膳」セミナーを開催しております。
1回完結型のワンデイセミナーですので、はじめて漢方を学ぶ方にもオススメです。

薬膳・養生茶・ツボ・経絡・アロマ・気功・占い・風水など8ジャンルから気になるものを選んで、
1回3,200円(税込)で学んでいただけます。
平日・休日かかわらず様々なセミナーが開催されていますので、ぜひお気軽にご参加ください。

ワンデイセミナーの一覧ページはこちらをクリック

遠方の方でもお気軽に漢方の講座が受けられる「Zoomオンラインセミナー」

品川校で開催の人気セミナーがZoomオンラインセミナーとしてご受講いただけます♪
薬日本堂漢方スクールがお近くにない方でも通学と同じように講義を受けられますのでご参加お待ちしています!

Zoomオンラインセミナーの日程の確認はこちらをクリック

オンライン漢方相談(無料)をご希望の方へ

漢方ライフを運営する薬日本堂では、店舗へご来店いただかなくても、スマホやPCを使用してオンライン漢方相談を受けられます。薬剤師をはじめとした漢方の専門家がお客様のお悩み(ダイエット、不妊など)や症状、体質、生活習慣等をお伺いした上で、お客様にあった漢方薬・商品をご提案し、根本改善のための生活習慣のアドバイスをいたします。

オンライン漢方相談(無料)の詳細はこちらをクリック

ページトップへ