漢方とは

中国で生まれ、日本で独自の発展を遂げた医学。自然との調和を図り、人間本来の健康を体現する智慧が詰まっています。

TOP漢方とは > 養生で健康を自己管理
  • 漢方とは
  • 養生で健康を自己管理
  • 基礎知識
  • 漢方と二十四節気の関係

自らの健康を築く

大自然医薬養生学が考える「養生」とは、読んで字のごとく、「生(生命=いのち)を養う」こと。

つまり、自分自身の身体に対して、自ら積極的に働きかけていくことで今よりもっと健康になるために、私たちが元々生まれながらにして持っている「生命力」、すなわち「自然治癒力」をさまざまな方法で高めていくのが養生です。

健康とは年齢に反比例して、毎年おとろえていくものだと考えがちです。しかし、その一方で、年齢を重ねれば重ねるほど、「もっと元気でいたい」「いつまでも若さを保ちたい」という願いが強くなるというのも事実でしょう。養生とは、そのような「いつまでも若々しく、健康でありたい」という願いを、実際にかなえていくための方法でもあります。日々の養生を重ねていくことで、今年より来年、来年より再来年、ますます生命力を高め、健康長寿をまっとうして生きることができるのです。

大自然医薬養生学では、「健康」な状態とは、単に、怪我や病気をしない、虚弱でないということだけでなく、「自然のリズムに沿った規則正しい生活の中で、バランスのとれた食事、適度な運動、十分な休養といった生活要素を整えながら、いつも前向きで安定した心の状態を保つことができる」すなわち「心身ともに快適に生きることができる状態である」と考えます。

一見ごく当たり前のように思えることですが、実践し続けていくのはなかなか難しいものです。あなたの、普段の生活パターンを振り返ってみて、どうでしょうか?日々の忙しさに追われ、食事や睡眠がおろそかになって、体調がすぐれない時はありませんか?

周囲からのストレスや精神的な疲労がたまって、マイナス思考に陥ったり、元気が出ない時がありませんか?当たり前のように思える事柄を、当たり前に続けることの難しさに、あらためて気づかされるのではないでしょうか?

大事なことは、それを当たり前として軽視せず、自分自身が元気に満ち溢れ、前向きな気持ちで過ごせるような生活習慣・環境作りを、毎日意識的に行うことです。

さらに大切なのは、「正しい生活」と「正しい心持ち」で毎日過ごせるように、今の自分に一番合う方法を自分で見つけていく、ということです。

例えば、睡眠時間一つとっても、毎朝すっきり目覚めるために必要な睡眠時間は、個人差があります。 また、食事の量や必要な栄養も、年代や男女によって異なってきます。同じ人でも、その日の体調によって変わってくるでしょう。「正しい生活」とは、「その人にとって正しく生きること」ですから、人それぞれの「正しいあり方」を見つけていくことが必要なのです。

バランスのとれた食事
“医食同源”とも言われ生命を養い、健康を保つために欠かせません。
適度な運動
自分に合った運動は身体の調子を整え、日々の健康維持につながります。
十分な休養
睡眠や入浴などで心身の疲労を回復することが健やかな毎日への鍵に。

病院に行くほどではなくても、なんとなく調子が悪いと感じたら、それは心と身体からの大事なサインです。いわゆる「病人」の状態でないとしても、その一歩手前の「中途半端な健康状態」にさしかかっているといえるでしょう。大自然医薬養生学では、私たちの健康状態を大きく次のようなパターンに分けています。 良好な状態から「健康人」、「半健康人」、「半病人」、「病人」という順の四段階です。

健康人
理想的な状態。心が安定して穏やか。思考・感情・意欲が自分の中でコントロールできている。 自然のリズムに沿った生活ができ、食事・運動・休養が充分にとれている。したがって、生命力が満ちている状態。 心身のバランスも良く、多少のストレスや気候の変化にも柔軟に対応できる。
半健康人
「なんとなく調子が悪い」と感じている状態。まだ病気ではないが、生命力が低下気味。不摂生な生活が続いたり、精神的なストレスがあるため、心も身体も無理をしている状態。些細なことでクヨクヨしたり、イライラしてしまう。 疲れやすい、食欲不振、肩こりなどの状態が起こりやすい。
半病人
睡眠不足、食欲不振、頭痛、肩こり、めまい、下痢などの症状が続いているが、はっきりした病名が特定できない状態。 「半健康人」よりさらに症状が続いている段階。生活面で不摂生が続いていたり、精神的なストレスが多い。そのため、心身ともに疲労がたまり、生命力が低下している状態。
病人
はっきりと病名がつく状態。軽度・中度・重度の三段階に分けられる。軽度の人は、日常生活を続けることはできるが、症状は慢性化しはじめている状態。中度の人は、日常生活にもかなりの支障をきたし、治療も養生も行う必要がある状態。重度の人は、もっぱら治療に集中しなければならない状態。

「半健康人」の状態にある人は、不摂生な生活を見直し、適切な養生を行えば、「健康人」に回復できる状態といえます。しかし、軽視して放っておくと、すぐに「半病人」へと進んでしまうので注意が必要です。

「半病人」の段階の人は、無理な生活パターンを正して養生するだけでなく、症状の出方によっては、 適切な治療薬が必要になります。そのまま放置しておくと症状はさらに悪化し、ちょっとしたきっかけで 「病人」となってしまいます。

また、「病人」の軽度の段階にある人は、正しい治療と根本的な養生を行えば、まだ回復できる状態です。 中度の人は日常生活にもかなりの支障をきたすようになり、治療も養生も本格的に行う必要があります。そして重度の人は集中的な入院治療などを行わなければならない状態といえます。

毎日の生活の中で自分の健康を維持したり、回復させるためには、まず自分が今、どの段階にいるのかを、 正しく把握しなければなりません。

ふだんの私たちは、「病気じゃないから」「たいしたことないから」といいながら、 心身に表れている症状を放っておいたり、つい我慢をしがちです。しかし、「半健康人」や「半病人」の 状態というのは、いつでも「病人」の段階と隣り合わせといえるのです。健康には自信があるという人も、 あまり過信しすぎると、気づかないうちに「病人」の一歩手前ということもあるのです。

年齢にふさわしい、そして年齢以上の健康を保つためには、心と身体からの注意信号を見逃さず、 正面から対処していくことが大切です。そして、ふだんから養生を行いながら、さらに心と身体の「内なる声」に 耳を傾けることが必要なのです。

ページトップへ