薬膳食材辞典

私たちの身体は、自分が食べているものから作られています。
食べることは一生続く大切な養生なのです。
薬膳とは、漢方の理論に基づき、体質や体調、季節などに合わせた食事を
毎日の暮らしの中に取り入れること。
ここでは薬膳の基本をベースに、毎日の食事に活かせるように
乾物、野菜・果物、魚・肉など、さまざまな食材のはたらきを紹介します。

くるみ胡桃

食材の働き
五味
五性
体質タイプ
血虚・津虚
エイジングケアや滋養強壮に

腰痛、耳鳴り、肌の老化など、老化予防や滋養強壮効果が期待される食材です。免疫力を高め、体を潤す作用があるので、慢性の咳や喘息、息切れや便秘の解消にもよいでしょう。

用語解説
五味
酸味
〔 収斂作用 〕
筋肉を引き締め、汗や尿などが出過ぎるのを止める

苦味
〔 清熱作用 〕
体の熱を冷ます
〔 瀉下作用 〕
便を下して出す

甘味
〔 補益作用 〕
滋養強壮
〔 緩和作用 〕
痛みを止め、緊張をゆるめる

辛味
〔 発散作用 〕
滞っているものを発散させ、気血の流れをよくする

鹹味(塩味)
〔 軟堅作用 〕
かたいものをやわらかくする
〔 潤下作用 〕
便通をよくする
五性
身体を温め興奮させる「温」「熱」と、身体を冷やし鎮静させる「涼」「寒」の「四気」に、作用の穏やかな「平」を合わせた5つ。
体質タイプ
気虚(ききょ)
〔 エネルギーの不足 〕
過労や心労で疲れやすく、気力もわかない。冷えて、かぜもひきやすい。

気滞(きたい)
〔 気の巡りが悪い 〕
ストレスや不規則な生活で、イライラしやすく、身体のリズムが乱れる。

血虚(けっきょ)
〔 栄養と潤いの不足 〕
食の乱れや睡眠不足などで、めまいやふらつき、物忘れ、肌の乾燥がおこりやすい。

瘀血(おけつ)
〔 血の流れが悪い 〕
血行不良で肌あれや肩こり、月経のトラブル、冷え・のぼせがおこりやすい。

津虚(しんきょ)
〔 潤いの不足 〕
身体を潤す液体が不足して、肌や髪の乾燥、目や口の乾きがおこりやすい。

水滞(すいたい)
〔 水の流れが悪い 〕
胃腸が弱く、余分な水分がたまりやすい。むくみ、鼻水、めまいがおこりやすい。
  • 一覧へ

オンライン漢方相談(無料)をご希望の方へ

漢方ライフを運営する薬日本堂では、店舗へご来店いただかなくても、スマホやPCを使用してオンライン漢方相談を受けられます。薬剤師をはじめとした漢方の専門家がお客様のお悩み(ダイエット、不妊など)や症状、体質、生活習慣等をお伺いした上で、お客様にあった漢方薬・商品をご提案し、根本改善のための生活習慣のアドバイスをいたします。

オンライン漢方相談(無料)の詳細はこちらをクリック

はじめての方にもわかる「漢方・薬膳」セミナー

漢方ライフを運営する薬日本堂では、みなさまに健康的な生活を送っていただけるよう、はじめての方にもわかる
「漢方・薬膳」セミナーを開催しております。
1回完結型のワンデイセミナーですので、はじめて漢方を学ぶ方にもオススメです。

薬膳・養生茶・ツボ・経絡・アロマ・気功・占い・風水など8ジャンルから気になるものを選んで、
1回3,200円(税込)で学んでいただけます。
平日・休日かかわらず様々なセミナーが開催されていますので、ぜひお気軽にご参加ください。

ワンデイセミナーの一覧ページはこちらをクリック

遠方の方でもお気軽に漢方の講座が受けられる「Zoomオンラインセミナー」

品川校で開催の人気セミナーがZoomオンラインセミナーとしてご受講いただけます♪
薬日本堂漢方スクールがお近くにない方でも通学と同じように講義を受けられますのでご参加お待ちしています!

Zoomオンラインセミナーの日程の確認はこちらをクリック

ページトップへ