TOP薬膳食材辞典 > トマト

薬膳食材辞典

私たちの身体は、自分が食べているものから作られています。
食べることは一生続く大切な養生なのです。
薬膳とは、漢方の理論に基づき、体質や体調、季節などに合わせた食事を
毎日の暮らしの中に取り入れること。
ここでは薬膳の基本をベースに、毎日の食事に活かせるように
乾物、野菜・果物、魚・肉など、さまざまな食材のはたらきを紹介します。

トマト

食材の働き
五味
甘・酸
五性
体質タイプ
津虚・水滞
熱を冷まし、渇きを止める

熱を冷まし潤いを与えるトマトは、口の渇きや暑気あたり、暑さによるイライラやのぼせを改善します。胃腸のはたらきをよくして消化も促進するので、食欲がない時におすすめです。

用語解説
五味
酸味
〔 収斂作用 〕
筋肉を引き締め、汗や尿などが出過ぎるのを止める

苦味
〔 清熱作用 〕
体の熱を冷ます
〔 瀉下作用 〕
便を下して出す

甘味
〔 補益作用 〕
滋養強壮
〔 緩和作用 〕
痛みを止め、緊張をゆるめる

辛味
〔 発散作用 〕
滞っているものを発散させ、気血の流れをよくする

鹹味(塩味)
〔 軟堅作用 〕
かたいものをやわらかくする
〔 潤下作用 〕
便通をよくする
五性
身体を温め興奮させる「温」「熱」と、身体を冷やし鎮静させる「涼」「寒」の「四気」に、作用の穏やかな「平」を合わせた5つ。
体質タイプ
気虚(ききょ)
〔 エネルギーの不足 〕
過労や心労で疲れやすく、気力もわかない。冷えて、かぜもひきやすい。

気滞(きたい)
〔 気の巡りが悪い 〕
ストレスや不規則な生活で、イライラしやすく、身体のリズムが乱れる。

血滞(けっきょ)
〔 栄養と潤いの不足 〕
食の乱れや睡眠不足などで、めまいやふらつき、物忘れ、肌の乾燥がおこりやすい。

瘀血(おけつ)
〔 血の流れが悪い 〕
血行不良で肌あれや肩こり、月経のトラブル、冷え・のぼせがおこりやすい。

津虚(しんきょ)
〔 潤いの不足 〕
身体を潤す液体が不足して、肌や髪の乾燥、目や口の乾きがおこりやすい。

水滞(すいたい)
〔 水の流れが悪い 〕
胃腸が弱く、余分な水分がたまりやすい。むくみ、鼻水、めまいがおこりやすい。
ページトップへ