TOP漢方薬辞典 > 調胃承気湯

漢方体質改善プログラムとは

192の漢方薬の処方と構成生薬、それに適応する症状を解説。
漢方を飲みたいと思った時の手引きとして、毎日の暮らしにお役立てください。

  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら

調胃承気湯(チョウイジョウキトウ)

効能

清熱通便 緩下熱結

  • 〔大黄〕2.0  〔芒硝〕0.4  〔甘草〕1.0

[総量:3.4g]

主治 陽明病の胃腸燥熱による
[便秘][口渇][心煩][発熱]
[腹部膨満][舌苔:黄][脈:滑数]
一般用漢方製剤承認
基準・効能または効果
体力中等度なものの次の諸症:
[便秘]便秘に伴う[頭重・のぼせ・湿疹・皮膚炎・ふきでもの(にきび)・食欲不振(食欲減退)・腹部膨満・腸内異常発酵・痔]などの症状の緩和

* 使用上の注意

漢方薬を使用する際には様々な注意が必要です。生薬の含有成分による薬理作用が科学的にも解明されており、西洋薬や健康食品、漢方薬の併用による相互作用や、副作用、投薬禁忌や慎重投与など十分にご注意ください。また、服用の際は必ず薬剤師など専門家に相談の上、服用ください。

1)投薬禁忌
  【甘草】 アルドステロン症、低カリウム血症、ミオパシー
2)相互作用
併用禁忌 【小柴胡湯】 [インターフェロン製剤]
…間質性肺炎が現れることがある。
併用注意 【甘草】 ① 1日量として2.5g以上含有する製剤][グリチルリチン酸及びその塩類を含有する製剤][ループ系利尿剤][チアジド系利尿剤]
…偽アルドステロン症、低カリウム血症、ミオパシーが現れやすくなる。

②[1日量として2.5g未満含有する製剤][グリチルリチン酸及びその塩類を含有する製剤]
…偽アルドステロン症、低カリウム血症、ミオパシーが現れやすくなる。
【麻黄】 [エフェドリン類を含有する製剤][MAO阻害剤][甲状腺製剤][カテコールアミン製剤][キサンチン系製剤]
…不眠や発汗過多、動悸、全身脱力感などが現れやすくなる。
3)副作用
  【小柴胡湯】 間質性肺炎が現れることがある。小柴胡湯の投与により発熱、咳嗽、呼吸困難などの呼吸器症状が現れた場合には、速やかに胸部X線等の検査を実施し、投与を中止するとともに適切な処置を行うこと。
【柴朴湯】
【柴苓湯】
まれに間質性肺炎が現れることがある。発熱、咳嗽、呼吸困難などの呼吸器症状が現れた場合には、投与を中止し適切な処置を行うこと。
【甘草】 偽アルドステロン症
低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム・体液の貯留、浮腫、体重増加などの偽アルドステロン症が現れることがあるので、観察(血清カリウム値の測定など)を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止すること。

ミオパシー
低カリウム血症の結果としてミオパシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、脱力感、四肢痙攣・麻痺などの異常が認められた場合には投与を中止すること。
【桂皮】【人参】 発疹、蕁麻疹などの過敏症が現れることがある。
【山梔子】
【酸棗仁】
【地黄】【石膏】
【川芎】【当帰】
【麻黄】【大黄】
【芒硝】
食欲不振や胃部不快感、下痢などの消化器症状が現れることがある。
【麻黄】 不眠や発汗過多、動悸、全身脱力感、精神興奮などの自律神経系症状や、排尿障害などが現れることがある。
【附子】 心悸亢進やのぼせ、舌のしびれ、悪心などが現れることがある。
4)妊婦・授乳婦への投与
【大黄】 授乳中の婦人には慎重に投与すること。大黄中のアントラキノン誘導体が母乳中に移行し、乳児の下痢を起こすことがある。
【大黄】【芒硝】
【紅花】【牛膝】
【桃仁】【附子】
【牡丹皮】
妊娠または妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい。流早産の危険性がある。
5)小児への投与
【附子】 小児には慎重に投与すること。
*漢方製剤の併用と副作用については、随時、最新の情報を確認し活用することが望ましい。

※薬日本堂グループの店舗では一部取り扱っていない漢方薬もございます。

詳しく見る閉じる
ページトップへ