養生法とは

日々の生活習慣や心のありようをみつめ直し、私たちが本来あるべき健康な状態を維持していくという考え方です。

TOP > 養生法とは
  • 養生法とは
  • 心養生法
  • 食養生法
  • 動養生法
  • 休養生法

四つの養生法

基礎編

「養生」とは生命を養うことです。そして健康を損なう原因のほとんどが日々の不摂生や精神的なストレスにあり、良くも悪くも毎日の積み重ねが、私たちの健康状態にそのまま反映してくるのです。

さて、私たちが養生を実践する上で、重要なポイントがあります。

それは、養生には「十人いれば十通りの方法がある」ということです。私たちの性格や身体の状態というのは、誰一人として同一でないことはいうまでもありません。

大自然医薬養生学では、健康の成り立ちを「心・身体・運動・休養」という四つの側面からとらえています。「心」と「身体」は私たちの存在そのものであり、「運動」と「休養」は生きていくうえで欠かせない活動です。これら四つの側面が私たち自身、そしてその根源である生命力を養っています。では、この四つの側面を図に表して、具体的に見ていきましょう。

まず、「心」と「身体」を縦軸に配置し、「運動」と「休養」を横軸に配置します。そして「身体」に直結する要素に「食事」が属しています。縦軸に置かれた「心」と「身体」の関係は、「心身一如(しんしんいちじょ)」(心と身体は、相互に影響しあう表裏一体の関係)、また、横軸の「運動」と「休養」は「陰陽平衡(いんようへいこう)」(大自然の全ての事象は陰と陽という相対する二側面の相互関係と動的な平衡状態の上に成り立つ)という大自然医薬養生学の基本理論における考え方のひとつが表されています。

ここでは縦軸と横軸のバランスが、うまく保たれているかということが、健康状態を考え、また必要な養生法を選ぶ重要な手がかりとなります。

養生法には「心」と「身体」、「運動」と「休養」という四つの側面に沿ったかたちで「心養生法」「食養生法」「動養生法」「休養生法」があります。これらの養生法をあわせて「生活養生法」と呼びます。

ページトップへ